" 査定前にキズ・凹みは修理した方が良いのか?

修理費に見合う査定アップは期待できない

結論を先に言えば、

・自分で修理できない大きな傷、凹みなどは修理費をかけてまで修理しない方がよい。

・普段のメンテナンスの範囲内で自分でできることはしないよりはした方がよい。

ということになるでしょう。


車 売る

■買取業者は自社工場などで安く修理できる

愛車に大きなキズや凹みがあればどうしても気になって、修理してから査定を受けた方がいいのではと考えてしまいます。

でも、修理工場に出さなければ修理できないようなキズや凹みは何もしないほうが良いのです。

買取業者は自社工場などでキズ、へこみなどを一般のオーナーよりもはるかに安く修理することができます。

大きなキズや凹みなどはマイナス査定になるのは確かですが、オーナーによる修理代が高額になる場合、その修理代全てが査定に上乗せされることは期待できません。

知り合いの工場などで格安で修理できる場合は別かも知れませんが、一般的には大きな修理は行わないで査定を受けた方が結果的には得になるというわけです。

中にはパテ、サンドペーパー、コンパウンドなどを駆使してプロはだしの修理を自分でやってしまうすごい方もいらっしゃいますが、果たしてその費用・労力に見合う査定アップがあるかどうかは微妙かもしれません。


■自分でできることならやった方がよい

多少の小さい傷であれば普段のメンテナンスのように市販のタッチペンやコンパウンドなどで自分で補修することができます。

飛び石などによる小さい塗装の剥げ落ちなどは、サビを防ぐという意味から査定でなくても普段からやっておくべきことかもしれません。

ボディーのメンテナンス用品も進歩しており、洗車キズのような細かいキズなら洗車してコーティングするだけで目立たなくしてしまう優れものもあります。

また素人にはリスクのあるコンパウンドがけをしなくても、塗装面の表層だけの浅いキズなら傷の直角方向こすってやるだけで傷が目立たなくなるような補修剤まで普通のカー用品店で売っています。

車を大事にしている方にとっては普段のメンテナンスの範囲内のことでしょうが、洗車と同様、自分でできることはやった方が第一印象を良くすることになるでしょう。

※キズや凹みの修理もそうですが、車の査定では買取の相場が落ちるタイミングにも注意する必要がありますね。


入力のし易さ(32秒)で今人気急上昇中の一括査定 詳細はコチラ
こちら こちら こちら


このページの先頭へ